シュウジマブログ

Apple製品,技術系の話をするブログ

iPad Proの12.9インチと11インチで迷って12.9インチを買った話

まえおき

iPad Pro 12.9インチ(2018, 第3世代)を買いました!

f:id:masa_flyu:20190725235729j:plain

現状使っていたiPad Pro 10.5インチ(2017)に対しての不満

  • ストレージが64GBしかない
  • Wi-Fiモデルのため外出時テザリングする必要があり面倒
  • Apple Pencilの充電方法
  • Lightning端子は嫌,USB Type-Cが良い

などの理由が重なったため,思い切ってiPad Pro 12.9インチ 512GBストレージ, セルラーモデル,第2世代Apple Pencil,Keyboard Folioの大奮発セットを買っちゃいました!!!

あらゆる場面であらゆる操作がめっちゃ快適で本当に幸せ!本当に買ってよかった!

でも私が新iPadを選ぶにあたって,本当に以下の点で迷いました...

11インチと12.9インチどっちを買うべきか

今までの10.5インチiPad Pro,いくつか不満はあれど,サイズに対する直接的な不満はありませんでした.

私はこのポイントに悩み悩み続け,この記事にあげる理由から,iPad Pro 12.9インチを選びました!

というわけで,本記事ではみなさんにどのiPad Proを買うべきか,最適な結論を導いてもらうために,私が悩んで気づいたことをまとめます.

11インチと12.9インチの違い:本体サイズと重量

まず一番気にされると思うのが,それぞれの本体サイズです.

iPad Pro 10.5はiPad Air 10.5と同じサイズですので,以下iPad Airと表記します.

iPad Air 10.5 iPad Pro 11 iPad Pro 12.9 12.9と11の差
インチ 10.5 11 12.9 +1.9
本体縦[mm] 250.6 247.6 280.6 +33.0
本体横[mm] 174.1 178.5 214.9 +36.4
本体厚さ[mm] 6.1 5.9 5.9 0
重量 464 468 633 +165
画面縦[mm] 210 230 263 +33
画面横[mm] 160 160 192 +32
画面面積[mm2] 33648 36800 51811 ×1.41倍
ピクセル 2224x1668 2388x1668 2732x2048
画面比 1.31 1.44 1.37
仕様 Apple Apple Apple
画面サイズ(紙) A5 A5 B5

iPad Pro 11インチは以前のiPad Pro 10.5インチとほぼ同じサイズに作られています.

iPad Pro 12.9インチは11インチに比べると縦横ともに3cm強,大きくなっています.

それに伴い,重量は165[g]増えています.

iPad 全体のサイズを考えると,たった3cmの差が持ち歩きや作業効率の面で差を生むとは思いませんでした.

実際使ってみた感想

実際使ってみたところ,たった3cmの差のため,持ち歩くのにそれほど問題は感じません.

重量も,初めて持ち上げた瞬間「軽っ!」と言ってしまったくらいには大きさの割に軽く感じます.

そして作業効率の面ですが,単一のアプリを起動する場合にはそれほどの違いを感じませんが,Slide OverやSplitViewなど複数のアプリを同時利用する場合には,大きな差を感じます

iPad Proで50:50のSplit Viewを利用した時,10.5インチでは幅10cmほどであり,小さなメモ帳ほどしかありません.

Webを見ながら筆記するような場面ではとても使いにくかったのです.

iPad Pro 12.9インチでは50:50でも13cmあり,これはiPad miniよりも大きいです.

Split Viewで筆記するためには,このくらいは欲しいと感じています.

11インチと12.9インチの違い:スクリーンキーボード

私が11インチと12.9インチを比較する上で,一番大きな決め手となったポイントがこちらです.

iPad Pro 10.5インチに対する不満,12.9インチを買わなかったことに対する後悔の一つに「小型のiPadでは記号キー配置が崩れる」というものがありました.

実際に画像を見ていただきたいと思います.

f:id:masa_flyu:20190724231410j:plain:w600

これが11インチのスクリーンキーボードです.

最上段QWERTYUIOPの配列に数字が割り当てられれ,そのかわり,記号キーがほとんどなくなっています.

記号を入力するためには,左下の「.?123」キーを押さなければいけませんが,それを押しても,非常に分かりづらいキー配列のキーが出てきます.

f:id:masa_flyu:20190724231423j:plain:w600

また,メールアドレスを入力する際など,キー配列がその都度変化するため,ブラインドタッチは困難です.

ちなみに,スクリーンキーボードでブラインドタッチなんてできるの?と思った方.物理キーほどではありませんが,十分可能です.少し慣れが必要ですが,最初の位置合わせさえできるようになれば物理キーに遜色ない速さで打つことができます.

f:id:masa_flyu:20190725223940j:plain:w600

それに対してこちらがiPad Pro 12.9インチのキーボードです.

12.9インチのスクリーンキーボードは数字キーがあり,一般的なキーボードと同じキー配列になっています.

f:id:masa_flyu:20190725223958j:plain:w600

メールアドレスの入力画面などでもほとんどキー配列に変化はありません.

このように,iPad Pro 11インチと12.9インチではスクリーンキーボードの使い勝手が大幅に違います.

11インチと12.9インチの違い:Smart Keyboard

付属品でApple 純正のキーボードを買う場合,iPadのサイズを気にしておく必要があります.

11インチ以下のiPadでは,キーボード配列が一部小型になってるからです.

iPad Air 10.5 iPad Pro 11 iPad Pro 12.9
英語キー間隔 フルサイズ フルサイズ フルサイズ
記号キー間隔 小型 小型 フルサイズ
ストア Apple Apple Apple

f:id:masa_flyu:20190726002709j:plain

なぜ12.9インチを選んだか:私の意見

iPad Pro12.9インチは11インチに比べて1万円以上高価で,持ち歩きの面などを考えても11インチを選ぶ方が多いようです.

しかしながら,決して安くない買い物,悩んで悩んで,やはりどうしてもキーボードサイズ,Split Viewでの筆記の問題が無視できず,大きいiPadを買うべきという結論に至りました.

結果,素晴らしいタイピング体験,Pencilでの筆記体験を実現でき,本当に満足しています.

心配していた持ち歩き時の大きさなども全く気になるようなものではなく,11インチの選択がありえないとすら感じてしまいます.

しかしながら,みなさんの使い方により,みなさんの最適なiPad Proのサイズというものが変わってくるでしょう.

iPad Proを購入する際には,ぜひこの記事にあることについてしっかりと検討した上で,自分にあった最適なiPad Proを選んでください!

当ブログをご利用いただく際には免責事項をお読みください。