シュウジマブログ

Apple製品,技術系の話をするブログ

iPad + 初代Apple Pencilのダサい充電をかっこよく安全にする方法

iPad Pro 10.5インチを愛用していますが,USB Type-Cに恋する身としてiPad Pro 2018年モデルを買わなければと思う今日この頃..なシュウジマです.iPhoneもApple WatchもMacも2台買ったのにiPadだけ1台なんておかしいよね!



さて,今愛用しているLightningのiPad Proと初代のApple Pencilですが,ネットで検索するととある機能だけ,あまり評判がよくありません.

この記事ではその評判を覆す画期的な方法をご提案します!!(わりとくだらないです)



Apple Pencilのネットでの評判について,いくつかツイートを拝借してみますと,

みなさん共通しておっしゃっているのが「Apple Pencilの充電がダサい」ことです.

海外でもhateとか言われちゃってますねw

とにかく「Apple Pencilの充電がダサい」ことは世界の共通認識と思って良いようです.

私も同じ意見です.その点でも2018年iPad ProとApple Pencilの組み合わせには憧れるのです.

さて,そんな折,Amazonを見ていたらこんな製品を見つけました.

LightningケーブルとApple Pencilを直接つなぐためのアダプタです.

そしてその製品のレビュー

f:id:masa_flyu:20181216235914j:plain

???

f:id:masa_flyu:20181217000057j:plain

嬉しそうで何よりですね??

初代Apple Pencilのダサい充電をかっこよく安全にする方法

みなさん,ご存知の方も多いかと思いますが,こちらの製品を買わなくてもApple Pencilをダサくない方法で充電できるって知ってました?

そのために必要なアイテムはApple Pencilをお持ちであれば誰もが持ってるこのアイテム!!!

f:id:masa_flyu:20181217000331j:plain

Apple Pencilの箱です!!

箱を開けていきますと..

f:id:masa_flyu:20181217000820j:plain

(懐かしいですね)

f:id:masa_flyu:20181217000643j:plain

(この入れ物の中身は?)

f:id:masa_flyu:20181217002707j:plain

なんかいた!!!

こちらのアダプタを使えばApple PencilをLightningケーブルで充電できるって知ってました?

買ったときに開けたきり,その存在を忘れていた人も多いかも.

実際,自分の身の回りでこのアダプタの存在を覚えてる人がとっても少なかったので,記事を書く運びとなりました.

Amazonで売っていたアダプタは,なんのことはないApple Pencilに付属してついてくるアダプタだったのです.

もちろん,Amazonで売っているのは付属品を無くしちゃった方のためで,そういった方もたくさん買われているのですが,

Apple Pencil用Lightningアダプタの使用方法

f:id:masa_flyu:20181217001645j:plain

こんな風にiPadやiPhoneなどと同じくLightningコネクタで充電可能なアダプタです.

○がついている側をApple Pencilに接続しなければならないので,その点だけご注意を.

私はこちらの充電方法を推奨します(エクスカリバースタイルでの充電はPencilやiPad Proの破損につながりそうで怖いですし,何よりダサいですし).

充電中はPencilを使用できなくなってしまう,Pencilのふたを無くしそうになる,などちょっと残念な一面もありますが,それでもぶっさすよりはマシです..

以上,覚えてらっしゃる方には本当にくだらない記事でした.

忘れている方は,Pencilの箱を探してみてください.無くしちゃってる方は安いので買っちゃいましょう.

ふたやアダプタを無くしそうな方,こんなセットも売ってました.こちらも本当に安いですね.

とにかく,iPadのLightningポートにApple Pencilを直挿しして充電する方式は,落とした時などにiPadとApple Pencil両方を破壊する恐れがある,リスクのある行為です

Appleとしても,あれは30秒だけ挿して10分充電を延命するような用途を想定しているようなので,ぜひ,アダプタを使用した充電スタイルを確立してください.

アダプタをなくしてしまう方は,上記のラバー系とか,恒久対策を講じて,大切なiPadを守りましょう.

当ブログをご利用いただく際には免責事項をお読みください。