シュウジマブログ

Apple製品,技術系の話をするブログ

Arduino DueのDACで正弦波(sin)を出してみた

環境

プログラム

double i=0.0;
void setup() {
analogWriteResolution(12);
}

void loop() {
analogWrite(DAC0, 2048 + 2048 * sin(i));
i+=0.01;
}

実験結果

実際にDACから出力して,オシロで観察してみます.

f:id:masa_flyu:20180728233505j:plain
およそ24Hz (5ms/div)
非常に滑らかな正弦波となりました.±45度が直線すぎる気もしますが...

iの増加量を0.1に増やすと,

f:id:masa_flyu:20180728233934j:plain
およそ240Hz (1ms/div)

などとなりました.段差が見えてきていますね.

ちなみに電圧ですが,共に0.5V/divで表示していますので,およそ2.1V (ピークtoピーク)となります. 3.3Vに比べて低くなってしまうようです.

電圧についてはこちらで検証されていました.

playfulchappy.blogspot.com

当ブログをご利用いただく際には免責事項をお読みください。