シュウジマブログ

Apple製品,技術系の話をするブログ

Raspberry Pi同士でインターネットをまたいだ双方向通信【CloudMQTT】(Broker準備編)

本記事連載でやっていくこと

遠隔地で違うネットワークに接続されたRaspberry Pi同士で情報をやり取りします.

この際,ポート開放やVPNなどをRaspberry Piやルーターなどに設定する必要はありません.

純粋なネットワーク内での通信と同様にインターネットをまたいだ通信を行うことを目指します.

そのためにMQTTというものを用います.

f:id:masa_flyu:20190216134218p:plain

本記事連載で製作する環境は以下の特徴があります.

  • サーバー含め無料
  • Raspberry Pi2台で通信
  • Raspberry Piのネットワーク設定は一切いじらない
  • インターネット接続さえあれば世界中どこでも通信できる
  • Raspberry PiのプログラムはC言語で記述
  • サーバーはプログラム記述不要

という特徴があります.

Raspberry Piのプログラムは本連載ではC言語としていますが,他の多くの言語でも動作します.

各記事リンク

  1. 説明編
  2. Broker準備編(本記事です)
  3. Node-RED編
  4. C言語Mosquitto送信編
  5. C言語Mosquitto受信編

本編へ

以前の記事ではMQTT全般の説明を行いました.本記事ではMQTTを構成する上で重要なブローカーである「CloudMQTT」の準備を行います.

f:id:masa_flyu:20190213000238p:plain

必要なもの

実装対象となるRaspberry Pi2台はもちろん必要ですが,CloudMQTTの環境を構築するのはクラウド上なので,どの端末から操作しても構いません.本記事ではMacから行なっていますが,どんな環境でもOKです.

なお,CloudMQTTの会員登録にあたってはクレジットカードなどは必要ありません.メールアドレス程度でOKです.

CloudMQTT

CloudMQTT上でブローカーの開設

CloudMQTTのページにアクセスします.

www.cloudmqtt.com

f:id:masa_flyu:20190213003907j:plain

中央のボタンをクリックして進みます.

f:id:masa_flyu:20190213003950j:plain

動物の画像が出てきますから,一番下「Cute Cat」を選びます(無料プラン).

f:id:masa_flyu:20190213004340j:plain

アカウントをお持ちでない方は「Sign Up」をクリックします.

f:id:masa_flyu:20190213004631j:plain

メールアドレスを入力して「Sign Up」をクリックします.

すると数分以内に以下のようなメールが届きます.

f:id:masa_flyu:20190213004740j:plain

メールのボタンをクリックすると,パスワードを入力する画面になります.

f:id:masa_flyu:20190213004839j:plain

パスワードを選択します.

2つのチェックボックスのうち,1つ目はYesでなければ進めません,2つ目はどちらでもいいです(広告メール不要ならNoです).

ここからはインスタンス(MQTTブローカーの実態)を作っていきます.

f:id:masa_flyu:20190213005141j:plain

Nameの欄に作成するブローカーの名称を入力できます.なんでもいいです.

f:id:masa_flyu:20190213005436j:plain

データセンターの場所を選択できます.アメリカかヨーロッパかしか選択できませんでした.比較したことないのでわかりませんが,アメリカの方が早そうな気がします(きっと).

f:id:masa_flyu:20190213005623j:plain

確認をして,「Create Instance」で完了です.

これでブローカーの準備ができました.

ブローカーの設定を確認していきます.

ブローカーの設定

この手順でやってきた場合にはこの画面になっているはずです.

f:id:masa_flyu:20190213010033j:plain

作成したブローカーの名前をクリックします(Editではありません).

f:id:masa_flyu:20190213010834j:plain

PasswordのRotateをクリックするとパスワードが変更されます.

クライアント側でその都度パスワードを変更する必要があるので,押す場合には気をつけてください.

このページの情報が非常に重要です.

すべてすぐに確認できるようにしておきましょう.

まとめ

次の記事でいよいよMQTTを試していきます.

ただし,いきなりプログラムを書いては動かなかった時の原因特定が難しいので,「Node-RED」を使用したプログラムを書かないMQTTを試します.

この工程はプログラムで実行するにあたっては不要な工程なので,飛ばしていただくことも可能です.

www.shujima.work

当ブログをご利用いただく際には免責事項をお読みください。