シュウジマブログ

Apple製品,技術系の話をするブログ

macのFinderからGUIでRaspberry Pi上のファイルにアクセス

環境

homebrewがインストールされていない場合

homebrewとはmacOS版のapt-getのようなものです.

homebrewがインストールされていない場合は以下の手順でインストールしてください.

qiita.com

brew -v

でエラーが出なければインストールされています.

準備

macのターミナルで作業

osxfuse をbrew cask (brewGUIアプリなどへの拡張)コマンドでインストール

brew cask install osxfuse

sshfsをインストール

brew install sshfs

RaspberryPiのターミナルで作業

ifconfig

コマンドでRaspberry PiIPアドレスを確認します. 無線であればwlan0の項目にあるinet xxx.xxx.xxx.xxxのような3桁以下×4の数字 有線であればeth0にあるinet以降の数字です.

実行

ターミナルで以下のようにコマンドを入力します.

sshfs pi@xxx.xxx.xxx.xxx:/ ~/Desktop/sshRaspberryPi

ここで * pi : Raspberry Pi のユーザ名 * xxx.xxx.xxx.xxx : Raspberry PiIPアドレス * (IPアドレス:の後の)/ : Raspberry Piのどのディレクトリを読み込むか * ~/Desktop/sshRaspberryPi : macのどこにRaspberry Piのフォルダを作るか

の4箇所は目的の用途に変える必要があります(普通はIPアドレス以外はそのままでも動きます).

コマンドを入力すると

pi@xxx.xxx.xxx.xxx's password:

などと出てくるので,Raspberry Pi のパスワードを入力します(デフォルトはraspberry).

これを行うと,デスクトップに"OSXFUSE Volume 0 (sshfs)"というフォルダができます.

f:id:masa_flyu:20180818174522p:plain

これをクリックして開くとRaspberry Piの中身が出てきます.

f:id:masa_flyu:20180818175925j:plain

もし何も表示されない場合には一度下記の手順でumountしたあともう一度接続してみてください(筆者の環境ではなぜか5回に1回ほど失敗します).

home → pi と進むことで,いつもお馴染みのフォルダが出てきます.

mac上のファイルのように扱えますが,あくまでRaspberry Piに遠隔でアクセスしている状態なので,くれぐれもファイルの取り扱いには注意してください.mac側でファイルを変更するとRaspberry Pi側も消えてしまいます.

終了時は,

umount ~/Desktop/sshRaspberryPi/

("~...Pi/"の部分は接続のときに入力したmacディレクトリ)

で接続を解除できます.

上記のようにディレクトリを入力した場合,デスクトップに"sshRaspberryPi"という空のフォルダが残ってしまいますので,ゴミ箱に捨ててください.

参考

skrby1.com

当ブログをご利用いただく際には免責事項をお読みください。